yfuku blog

自作キーボードブログと化していますが、ソフトウェアエンジニアリングのことも書いていきたい。

Claw44ビルドガイド:ダイオードの取り付け

知っておきたいこと

  • ダイオードは各キースイッチの動作を正しく認識するためにつけます。
  • 基本的には、キースイッチとダイオードは1対1で対応しています。
  • ダイオードには向きがあります。(一方向にしか電流を流さない)
  • ダイオードの向きが逆だと、対応するキースイッチは反応しないので、向きに注意してください。

ダイオードを折り曲げる

  • 付属のダイオードベンダーで折り曲げる

    • 穴に合わせて乗せる
      • f:id:yfuku:20190919020302j:plain:w300
    • 挟む
      • f:id:yfuku:20190919020327j:plain:w300
    • 机の角などを利用して
      • f:id:yfuku:20190919020351j:plain:w300
    • 折り曲げる
      • f:id:yfuku:20190919020413j:plain:w300
    • 両方とも折り曲げる
      • f:id:yfuku:20190919020433j:plain:w300
  • 市販のリードベンダーで曲げてもOKです。

    • f:id:yfuku:20190308202802j:plain:w300
  • 折り曲がったダイオードたちが出来上がればOKです。
    • f:id:yfuku:20190331031203j:plain:w300

ダイオードを取り付ける

  • "ウラ"からダイオードを挿していきます。マスキングテープの"ウラ"を確認してください。
  • ダイオードの向きを確認する
    • 三角と棒を組み合わせたマークがダイオードです。三角の先に棒がある方に、ダイオードの黒くなっている方を向けます。
      • f:id:yfuku:20190331041439j:plain:w300
    • Claw44のダイオードはそれぞれ外側に黒い棒がくるようになっています。
      • f:id:yfuku:20190331180817j:plain
    • 裏返すため、浮いた状態で半田付けしないようにマスキングテープなどで固定します。
      • ダイオードが浮いていると高さが出てしまい、ボトムプレートに当たってしまうことがあります。
      • マスキングテープを貼る前にもう一度ダイオードの向きを確認してください!
      • f:id:yfuku:20190331180906j:plain
    • 裏返して"表"から半田付けをしていきます。
      • f:id:yfuku:20190331181026j:plain
      • f:id:yfuku:20190331181104j:plain
    • ダイオードの足を半田付けします。
      • 半田付けをしていきます(足を切ってから半田付けしてもかまいません。)
        • f:id:yfuku:20190401104651j:plain
      • 片側完了
        • f:id:yfuku:20190401105135j:plain
      • 両側完了
        • f:id:yfuku:20190401105147j:plain
    • 足を切る
      • f:id:yfuku:20190401114317j:plain
    • 最終的にこのような状態になります
        • f:id:yfuku:20190401113853j:plain
      • ウラ
        • f:id:yfuku:20190401114544j:plain
        • f:id:yfuku:20190401114600j:plain
        • f:id:yfuku:20190401114605j:plain

※SMDダイオードも使用可能です
※ダイオードは表につけることも可能です

ビルドガイド に戻る