yfuku blog

自作キーボードブログと化していますが、ソフトウェアエンジニアリングのことも書いていきたい。

ErgoDash miniビルドログ #自作キーボード

天キーで新しく発売されたErgoDash miniを作ってみました。
3段+親指のキーボードがあまりなく、Corneをずっと使っていますが、Corneより少しキー数が多いのと、親指の島の形状が違うので気になって購入。
以前、購入したベリリウムが余っていたので、これを使ってホットスワップにしてみました。

ErgoDash miniについてはこちらから。
在庫があれば、BOOTHから、購入することができます。

この記事は2018年11月時点でのビルドログになるので、作成するときは最新の本家ビルドガイド を参照してください。

準備

まずは組みたい構成の確認。

f:id:yfuku:20181110100331j:plain

ダイオードの取付け

  • 束になっているので、手頃な厚さの物を利用して、まとめて曲げてしまうとやりやすい。

    • 写真撮り忘れてたのでIris作った時の画像。
    • f:id:yfuku:20180724150539j:plain
  • 取り付け位置

    • ビルドガイド にわかりやすく色付けしてくれているので、こちらを参考に配置。
    • ダイオードマークが表示されていない所もあるので、○と□のマークを確認するとわかりやすい。
  • 取り付け

    • 自分はダイオードが浮くのを防止するために、マスクキングテープで固定してからハンダ付けしています。
      • f:id:yfuku:20181110101337j:plain

TRRSジャックの取付け

  • 裏側(設置面)から見て、四角に収まるように配置。

    • f:id:yfuku:20181110114325j:plain
  • 表側(半田付けする面)からみると、四角からずれてるので動揺しないように。(自分は変なところにハンダつけてしまった。。)

    • f:id:yfuku:20181110114415j:plain

リセットスイッチの取付け

  • ProMicroのピンの四角がない方に取り付ける。
    • f:id:yfuku:20181110114457j:plain

Undergrow LEDの取付け

  • ジャンパ

    • マスタを決めるためにジャンパをします。左側をマスタにしている物が多いので、左をマスタにしました。
    • ビルドガイド : 5 Undergrow LEDの取付け[Option]に詳しい説明があります
    • 裏側からみて左
      • f:id:yfuku:20181110114735j:plain
    • 裏側からみて右
      • f:id:yfuku:20181110114752j:plain
    • 全体
      • f:id:yfuku:20181110114808j:plain
  • 取り付け

    • マスター側(左手用、写真右)はシルクに合うように、スレーブ側(右手用、写真左)は180度回転させた状態(切り込みが対角線上)にあるようにします。
      • f:id:yfuku:20181110115020j:plain

フラックスが汚いな・・掃除しないと。。

Pro Micro用ピンヘッダの取付け

  • スプリングピンヘッダにしたのでピンヘッダは不要

キースイッチの取付け、ホットスワップ化

  • Corne Classicを作った時に、ベリリウム銅という物を使ってホットスワップ化しました。
  • 余分に買っておいたベリリウムが、ギリギリ足りるくらいあるので今回もやってみた。
  • ベリリウムはこんな感じのやつ
    • f:id:yfuku:20181110105817j:plain
  • プレートにはめてからだとベリリウムがはめにくいので、今回はスイッチに直接はめてから半田付けしました
    • f:id:yfuku:20181110104117j:plain
  • ベリリウムが少し飛び出ている状態
    • f:id:yfuku:20181110104130j:plain
  • 穴を埋めないように、外側から慎重にハンダづけをする
    • f:id:yfuku:20181110104201j:plain
  • これでホットスワップ化完了!
    • f:id:yfuku:20181110105359j:plain
  • 斜めになったりして、入りにくいものはあるので無理して押し込まないように。すんなり入るポイントを見つけてください。無理するとこんな感じにスイッチがダメになります。
    • f:id:yfuku:20181110105715j:plain

Pro Microの取付け

  • ProMicroを取り外すのは非常に手間とリスクを伴うので、ソケットやスプリングピンヘッダを使って、後からでも取り外せるようにしておくと良いです。
  • 今回はスプリングピンヘッダを使いました。
  • こんな感じに差し込んで、ハンダづけをする f:id:yfuku:20181110104308j:plain
  • ベリリウムが干渉しないように、ニッパーでカットする(金属用の精度の良いやつが一本あると重宝します) f:id:yfuku:20181110104325j:plain
  • 念のため、絶縁テープも貼っておく f:id:yfuku:20181110104332j:plain
  • ケースに当たらないようにProMicroの足も短くカットしておく。(こちらも良いニッパーがあるとやりやすいです) f:id:yfuku:20181110104341j:plain

ケースの組み立て

Firmwareの書き込み

  • 自分はmacを使っているので、↓のように書き込みました。
cd qmk_firmware
make ergodash/mini:default
make ergodash/mini:default:avrdude

ちょっと使ってみての感想

  • 安定感がある
  • 前側の高さはアクリルCorneとほぼ変わらない、ちょっとチルトしてるのも良い感じなので、このProMicroの設計はありだなあ
  • 親指のホームポジション
    • Corneは一番内側に持ってきているが、ergodashだと真ん中のが収まり良さそう
  • キー数
    • Corneのときは、サブで矢印+音量、明るさの上げ下げを8キーキーボードでやっているので、それが統合された感じで良い。
  • キーマップ
    • 基本はCorneと一緒で使っていくが、内側のカッコキーは直感的でいいよな〜と思っている
  • キーキャップ
    • MDA苦手だが、チルトすると使いやすくなるのでありかも
  • だいぶ気に入った!しばらくCorneと並行して使ってみる