ErgoDox EZ 4週目 現在のキー配列

  • 一ヶ月くらい使ってきて、抵抗感はまるでなくなった
  • 肩も開いてきた感じがする
  • 普通のキーボードは体がまだ覚えているのか、わりと叩けるが、体制は辛いなあと感じる
  • といった感じで、順調に移行できています♪
  • 今の課題はキー配列で、Irisの部品を購入しましたにも書いたが、最終的には6列3段+親指キー3つでいきたいので、その構成で行けるかどうかErgoDox EZで試している

レイヤー0

  • modifierキーなどまだ混乱する事があるので、なるべく左右対称に配置してみる
  • JISにこだわっていたが、記号の配置を考えてUS配列にした(他の変更に比べれば些細なことと思えてきた)
  • ESCはCmdの裏に置いていたが、誤動作が多いのでShiftの後ろに変更
  • 右親指にLT2としていて、右親指->左親指でBackSpace、その逆でDELになるようにしてみた
  • vimmerで最近はpythonを書く事が多いので、karabinerでセミコロン、コロンの切り替えを逆にして、コロンを打ちやすくしている(qmkでもできるかもですが、まだ深堀してない)

f:id:yfuku:20180712131547p:plain

レイヤー1

  • ここは変わらず数字の段を再現
  • 右下の段は数字と一緒に使うことも多いので、Transparentしておく
  • 左下は予備としてまだ残しておく

f:id:yfuku:20180712131557p:plain

レイヤー2

  • 左手に記号をまとめて置いてみた。これが機能するかがキモかなあ
  • 右手は移動系

f:id:yfuku:20180712131609p:plain

  • 通常の操作はこれで問題なさそう
  • まだあまりコーディングはしてないので、記号を多く使うコーディングでスムーズにできるように調整して行く。